ブログトップ

ハルカ

makorin123.exblog.jp

ハルカ キオク タドル タビジヘ ト   byミズシマ マコト

<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Home again「君へのレクイエムはうたえない」が完成した。
3年越しの想いへのアンチテーゼ、胸につっかえてて、先へ進めなかった楽曲?
メロディーや詩の世界、テーマはできていた、
震災、津波の現状からひとり東北へギター担いで雄叫びをあげて帰って来てさ、
三部作を立ち上げた。
e0330840_21373861.jpg
e0330840_213698.jpg


「賛歌」「誰がための哀しみか」「Home again」
Home again だけがとどこおってしまった、
その頃てるみんにこの歌大好きとも言われたが、手をつけることができなかった。
e0330840_21431832.jpg
e0330840_21423985.jpg


いろいろな出来事、魂、生と死やあの日のことが重なって、、、
大切な人や連れ添ってきた人、自分へのジレンマや歯がゆさもあいなってさ、
この楽曲は放っておいた。
e0330840_21532699.jpg


その翌年、打ちひしがれるてるみんへの慰めになればとさ、
青梅のお寺のライブを皮切りに二人の想いが重なったような、、、
e0330840_2151563.jpg


その秋、俺は肉体労働に悲鳴をあげながらもさ、
てるみんとの旅歌を始めた。
てるみんは俺のこころをくすぐるように、自分をどこかに解き放つように、
籠の中から、過去のからをやぶれないで、こころも想いも揺れていた頃、
「賛歌」「誰がための哀しみか」を遠くに見ていた?
川面で、公園で、里山で、古寺で、軒道で、俺の歌を唄った。
しかし、Home again に触れることはなかった。
e0330840_21591967.jpg

e0330840_222268.jpg


その年末から翌年、花子Baby's を演りたいとてるみんに持ちかけた、
いとも簡単に てるみんは2月に福生のライブハウス「UZU」で二人でやろうとさ、
俺は企画的にゲストを集めて演りたいと持ちかけたが、二人にこだわってやることに
てるみんは終始変わらず、花子Baby'sは歩き始めた。
e0330840_22103834.jpg

e0330840_22112387.jpg


3月に俺はてるみんを神戸 朝霧、舞子に呼んで両親家族に合わせた、
てるみんに何も言わず、公私混同、音楽も家族も二人で演っていこうと、
9月に結婚しようと、俺は怒涛の勢いでさ、長年住み慣れた東京、横浜を離れて、
須磨の海岸沿いの空と海を見渡す会場をてるみんは見つけて、
花子Baby'sの披露宴!
なんとお腹の中には Babyが、6ヶ月になった「はるちゃん」がさ、
信じられないと、両親家族、親戚一同、友人たちが祝福してくれた年。
シャレの花子Baby'sがほんとになっちまった〜
e0330840_22213077.jpg


2014年1月29日朝に神戸のクリニックで産声を上げた はるちゃん
三人と一匹のてんやわんやの生活が始まって、
弥次喜多珍道中の公私混同のライブも始まった記念すべき年!
親も入退院を繰り返して、介護と子育て、音楽ライブと奔走してさ、
気がついたら、花子Baby'sはドキドキ、ハラハラ、しながらも成熟していたかな?
e0330840_2231491.jpg
e0330840_2228591.jpg


まだまだ、ワクワクしてさ、楽曲をジャンルを超えて伝えたい!
支えてくれる人や町に日常に感謝してさ、世界にひとつしかない
花子Baby's を始めたばかり。

そんなこの年末に、俺は「Home again」を立ち上げた、
すべての御霊に魂に別れを告げるように、遠く汽笛がむせぶように、
また新しい地であいさつを交わすように、
はるちゃんが物心をつき始めて、表情感情が変わり始めたように、
二人の新しい声が重なりあってさ、
「Home again」は「君へのレクイエムはうたえない」の副題をともなって誕生した。

Home は何気ない日常、again は再生、
天変地異「どうしようもない自然の猛威」
戦争「何人かの私利私欲のために日常が崩される」
いつもの風景が一変してしまう、
どれだけ尊いことだろう、普段の日常や生活が、愛する家族、ぬくもり、
涙や笑い、遅かれ早かれいつしか去り行くものだとしても、
今を生きること、切に生きること、その日常が尊いことだろう。

届けよう、「Home again」を
伝えたい「Home again」を
「君へのレクイエムはうたえない」
たかだか自分へのアンチテーゼ、されど君のためにもう一度、、、、、



[PR]
by makorin1230 | 2014-12-17 22:56 | 独り言 | Comments(0)