ブログトップ

ハルカ

makorin123.exblog.jp

ハルカ キオク タドル タビジヘ ト   byミズシマ マコト


僕らは10年以上前に小さな茅葺きのお寺で知り合った、
いやそれ以上100年、1000年も前に知っていた?繋がっていた?
e0330840_10424367.jpg


弥勒、ジパング、かたちは違えど色や匂いをかき分けて、暗中模索の中、いろんな人に会って、いろんな人に教わって、自問自答しながら歌や踊りや祈り?霊しいや魂の帰る、そして生まれる場所へ放浪の旅を経て、新たなる旋律を探して、自分を探して、めぐり会ったのかもしれない?
山や木々や緑の森に囁きかける君と、どんぶらこどんぶらこと源流から大河に海原へ想いを馳せる僕と、小さな小さな小島に夢を追いかける。
e0330840_10554579.jpg


2年ほど前に晩秋に落ち葉をひろうように、君はささやかにだいたんに僕のこころにやって来た?
僕の生まれいでるメロディーやうたを愛し、そこやあそこやと歌姫と放浪の歌人の「うたの旅」が始まり、花子Baby's が生まれたとき。
君の愛した人が推し進めたような?僕も時を超えて、風や雲やぬくもりを集めはじめたような?
e0330840_111253.jpg
e0330840_110522.jpg


福が生まれる街のライブハウスで花子Baby'sは産声をあげて、
春の瀬戸内舞子の海で確かめ合い、二人の愛した茅葺きのお寺で始まった時、新しい命が生まれた、、
遠い何千億光年から僕たちを選んで、時空のすべり台でやって来た「はるか」
e0330840_1164369.jpg


奇跡は現実となり、二人の軌跡が始まった「花子Baby's」
いろんな轍や思い出とともに、未来へ歩き始める
生まれいでるメロディーをもう一度瀬戸内の海辺へ戻し、、、
僕らもここ「瀬戸内」から暗中模索の旅がふたたび始まる、、、
e0330840_11131451.jpg


時は去り 寄せては返す波のよう〜
想いでたち 明日へ響きあえ〜
e0330840_11143282.jpg

[PR]
# by makorin1230 | 2014-09-15 11:19 | 独り言
あっちうまに9月、、、
短し長し、恋味、濃い味、山あり谷あり海を渡る?
e0330840_14513157.jpg

e0330840_14515792.jpg


去年9月15日に西へ住み始め、須磨浦で挙式、舞子の出会い、翌年はるちゃん誕生、
父母の想い、、、三人と一匹の珍道中、、、
e0330840_1456555.jpg


五色塚へ想いを馳せて、いろんな仲間と想いを分かち合えるかな?
淡路の神よ、海を渡る風よ、小さな森や木々に祈りを込めてさ、
いまこの食を受く、、、切に切に今を歩く未来やいかに?
e0330840_154288.jpg
e0330840_154944.jpg



線香花火に目がしら熱く、、、
君いとし恋し、、、はるかあの日へ、、、明日への賛歌、、、
e0330840_1592754.jpg


時よ時節と笑え?
ありあまる煩悩から天空渡る煌めきへとさ、、、
夏の終わりにふと忘れかけた秋の気配にこころ揺らぐ?
e0330840_1514971.jpg

e0330840_15153459.jpg


さあ旋律を届けよう〜
おいらたちの うたをうたおう!
めくるめく季節の色に、こころ踊らせてさ、
e0330840_15192980.jpg

[PR]
# by makorin1230 | 2014-09-03 15:28 | 独り言
梅雨明けかと思った矢先、ぎんぎらぎんの暑い夏?
青梅の聞修院のライブも足早に、二人の息も遥香と三人、落ち着いてきたような?
e0330840_13184121.jpg

e0330840_13164769.jpg



和歌山の白浜に足を伸ばして、愛祭りでの花子Baby'sも、
何かひとつのかたちになってきたような?てるみんも仲間とええ感じで雄叫びしてたな、
e0330840_12301864.jpg
e0330840_12285033.jpg


始まりは遠い昔のような?多摩川のほとり、福生のライブで産声あげてさ、
花子Baby's にBaby〜いろいろ試行錯誤?楽しんでさ、
島唄も琉球も大和んちゅもフォークもロックも童謡も唱歌もさグルングルンにチャンプルーしてさ?
俺ら独特のミュージックワールド ってな感じで回り始めたような?
e0330840_12403677.jpg
e0330840_12393999.jpg


みんなにありがとうだな、、、
こずみっく あいちゃん、明石西部市民会館 市民企画委員の皆様
そしてボンゴマン、五色塚古墳のまっちゃんと奥さん、
まだまだたくさんの仲間と気持ちの輪を飛ばせたら!
e0330840_125107.jpg
e0330840_12494418.jpg
e0330840_12491018.jpg
e0330840_1247599.jpg


てるみんも月と潮の満ち欠けに、こころを揺さぶられ?
ある場所を、心の置き場を探してさ、気持ちよい風と木々や森と会話する?
そんな寺や神社にふと出会うからまた不思議、、、
e0330840_12594471.jpg
e0330840_12593027.jpg


まあ、まだまだたくさん楽しんでやるこたぁ、あるわな、、
あるがままに〜なすがままに〜
花子Baby's Go!
e0330840_1315178.jpg

[PR]
# by makorin1230 | 2014-07-27 13:09 | 独り言
桜咲く公園や神社に三人でふらふらフラフープ?
e0330840_10351542.jpg


気がついたらあっという間に夏はそこまで、遥香も大きく大きくなって、
なんと4ヶ月過ぎて、今日寝返りを打った、声も大きくなってさ、、、
e0330840_9411030.jpg


この3ヶ月、いろんな事が通り過ぎてった、大切なこの地の仲間達、想いでの地、
こずみっく、イベント、、、お父さんお母さんの想い、、、姉、弟の想い、、、
はるちゃんの一歩一歩につられるように、おいら達の一歩一歩もさ、、、
あれやこれや、あの人この人、あの地この地へと伝播していくのかな?
いろんな事 教えてもらってさ、、、感謝だね、
e0330840_1054456.jpg

e0330840_10551488.jpg

e0330840_10563515.jpg

e0330840_1154249.jpg


ディランよ、何申す?いやひたすら我が道を行くってか?今を切にかい?
e0330840_10585235.jpg


みんながみんな、悩みの川の流れに〜
ゆらり揺られて、夢を見る?果てなる地、あの日の地、明日への賛歌?
いや、思い思いの想い、そう今を切にさ、、、
e0330840_116556.jpg

e0330840_119403.jpg
e0330840_1192418.jpg


母にもらった想いへの、強い意志?
歌の素晴らしさ、、、あの日への遥かなる想い〜
e0330840_1183656.jpg


まだまだ、まだまだ、自分を探しつつ、誰かに会うためにさ、
てるみん、はるちゃん、メーことさ、のらりくらり、ゆったりまったりとさ
あてのない旅は、すぐそこの軒道や、川のほとりの名もない花や、遠い地へとさ、、、
e0330840_1116444.jpg
e0330840_1116133.jpg
e0330840_11154669.jpg
e0330840_11153132.jpg


遥か記憶たどる旅路へと、遥か記憶結んで歩いてく?
誰がための悲しみなんだろう、誰がためのやさしさなんだろう?

時は去り、寄せては返す波のよう
想いでたち、明日へ響きあえ〜
e0330840_1123765.jpg
e0330840_11225114.jpg


三人四脚?
この島の四季に、、、ゆだねゆだねられてさ?
e0330840_1138144.jpg

[PR]
# by makorin1230 | 2014-06-12 11:33 | 独り言
昼夜関係なく まわり続ける 君は?
泣いて笑ってさ どんな光を 夢見てるんだろう?
e0330840_1024264.jpg


早いもんだ、結婚式 クリスマス お正月 そして苦しくも、踏ん張ったクリニックのひととき
春を前に、おいらも四苦八苦、、飲んべえな お父ちゃん?てるみんと弥次喜多三度笠?
ひとりで舞子の 弾き語り、、、
e0330840_10351965.jpg
e0330840_10312734.jpg


語るにゃ、語り尽くせぬいろんなことの一年?語るに及ばない あっという間の
春待ち酔い草、、、すくすく スクスク 光から現実へ 視線を ぼくらに送りはじめてる
はるちゃん、、、遥香、、、ほんとに 愛おしい、、、
僕の目がしらにも、なんでもないのに、なんてことないのに、、、涙がさ、、
e0330840_1050367.jpg


一日一日 日々大きくなあれと言わんばかり、
おっぱい いっぱいさ、飲みほしていくんだろう?
大切なのは ほんとに 今 一秒 一分 この ひととき、
旋律がまわり燈籠のごとく沸きたってきてさ?誰が為のメロディー 歌 詩 声、、、、
e0330840_111239.jpg


春はもうすぐそこまで?
三人の 泣いて笑ってさ、、、珍道中は まだまだ、まだまだ、まだまだ これからさ、、、
なあ〜 はるちゃん?なあ〜てるみん?
e0330840_10594065.jpg

[PR]
# by makorin1230 | 2014-03-24 11:06 | 独り言